Jiku通信アーカイブ

【Jiku通信】2020年7月

※本文は2020年7月23日に配信した【Jiku通信】となります。

Jiku通信ご無沙汰しておりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

<おうちで役立つ おばんざい薬膳>を提案する 
おばんざい薬膳料理研究家 倉 英子です。
———————————————————
食を軸にカラダとココロにSmileを届ける
すまいる・キッチン・ジクのJiku通信
———————————————————
※本メールは料理教室のアンケートにてメールアドレスを記入していただいた方へ送信しております。

雨模様の毎日が続いていますが
暦のうえでは 二十四節気「小暑 しょうしょ」 7月7日頃~22日頃
もう間もなく梅雨も明け、夏本番がやってきます。
夏という言葉は、「熱」「暑」「生る」などが語源と言う説があり
また、色のイメージを当てはめた「朱夏 しゅか」という呼び名もあります。
暑中見舞いを出すのもこの頃で、暑さをねぎらう便りになります。

日本の風習で土用の丑の日には暑気払いとスタミナupの鰻を食べます。
夏の間に養生することで、冬の不調をでにくくすると言われています。

梅雨時期から夏にかけて、体にこもった熱や湿気が皮膚トラブルを増加させたりします。
お部屋や寝具・洋服なども
湿気対策を心がけ 体に熱や湿気をためないようにしましょう。
心身ともにリラックスするのも大切ですね。

*夏を元気に過ごすコツ
 ・体の余分な熱を冷まし、利尿作用のある食品をとる。
 ・消化が良く 胃腸に優しい食品をとる。
 ・心臓の機能を高める 赤色・苦味のある食材をとる

*おすすめの旬の食材は
・体の熱を冷ます・・・とまと・ズッキーニ・ゴーヤ・胡瓜・スイカ・緑豆・はと麦
・消化促進・・・南瓜・山芋・サツマイモ・キャベツ・梅干し
・イライラ鎮め、心臓に良い・・・とまと・セロリ・豆腐・牛乳・ナツメ
またむくみ予防に、トウモロコシや冬瓜もおすすめです。

そして、夏の過ごし方で大事なのが、冷たいものをとりすぎないことです。
冷たいものをとりすぎると、消化力が落ち、疲れやすく 代謝も落ちます。
つまりエネルギーを作る 脾の機能が弱まり 
エネルギー不足、筋力低下、老廃物を体の外に出す働きも弱まるので
太りやすくなったりします。
そういう状態の時は、まず冷たいもの・生もの・脂っこいものはできるだけ避け
芋類・ニンジン・しいたけ・豆類等を 食事に意識して取り入れてみて下さい。

そして 夏場のもう一つのおススメ!
「酸味」のものを取り入れる、です。
酸味には、暑さから 汗をかき過ぎたりするのを抑え、食欲を促します。
暑さで食欲がない時などは、梅干しやラッキョウとお粥がおススメです。
ミネラルや失いがちな水分を補い、脾や胃の働きを優しくサポートしてくれます。
暑い夏にも お粥は最適です。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
★簡単★ミニレシピ
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
―代謝をup 出す力を高めましょうー
  
<ミネストローネ風スープ>
<材料> 2人分
・玉ねぎ       1/4個
・人参        小1/2本
・ジャガイモ     1/2個
・インゲン豆       2本
・キャベツ       大1枚
・トマト(完熟)     1個
・生姜          1かけ
・野菜スープor昆布汁 350cc
・塩・コショウ      適量                
・オリーブオイル   小さじ2  

<作り方>
1. 玉ねぎ・人参・ジャガイモ・キャベツ・インゲンすべて
1.5㎝の角切りにする。
2.トマトはざく切りにし 生姜はみじん切りにする。
3.鍋にオリーブオイル、生姜を入れて弱火にかけ、香りが立ったら1の野菜と
トマトを入れてサッと炒める。
4.スープを加えて強火にする。煮立ったら弱火にして約15分程煮る。
塩・コショウで味を整える。

Jiku通信では、月に1〜2回程度を目安に、以下のような内容を皆さまにお届けしています。
◉知ると楽しい♪季節ごとの薬膳の知識
◉季節のお悩み別☆薬膳で食養生法
◉過去のお料理教室で人気のあったレシピをここだけで公開
◉おうちで簡単♪薬膳茶ミニレシピ
◉その他、料理教室のご案内や薬膳に関するいろいろな事

【Jiku通信】購読お申込み

薬膳を毎日にとりいれて 食から体調を整えてみませんか?
「季節ごとの薬膳の知識」や「おうちで簡単にできるミニレシピ」を配信中!