Jiku通信アーカイブ

【Jiku通信】2020年6月

※本文は2020年6月6日に配信した【Jiku通信】となります。

Jiku通信ご無沙汰しておりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

<おうちで役立つ おばんざい薬膳>を提案する 
おばんざい薬膳料理研究家 倉 英子です。
———————————————————
食を軸にカラダとココロにSmileを届ける
すまいる・キッチン・ジクのJiku通信
———————————————————
※本メールは料理教室のアンケートにてメールアドレスを記入していただいた方へ送信しております。
2020年 
新型コロナという、今までに私たちが経験したことのない状況を体験し
現在もまだ終息には至らず、生活も色々と変化しています。

どんな時でも私たちの体を支えているのが食事です。
私はこれからも 食を通じて皆様に、
カラダとココロを整え、笑顔の毎日を過ごしていただけるお手伝いができればと思っています。

さて、暦のうえでは仲夏、二十四節気「芒種 ぼうしゅ」6月6日頃~
いよいよ梅雨の季節の到来です。
雨や曇り空が続いて蒸し暑つい時期ですが、
時折降り注ぐ太陽の日差しの強さに、本格的な夏の到来を感じさせる季節です。

梅雨時期は湿度が高く、体内にも普段以上に水分が溜まりやすくなります。
体の水分代謝を担当する「脾」、湿度が高い季節は働きが悪くなりがちです。
又、水分代謝が悪くなると、「体が重だるい、むくみ、胃腸の調子が悪い、耳鳴り、めまい」などの症状があらわれたりします。

この時期、体の中での水の流れの滞りを防ぐためにも、体を冷やさず、
冷たいものや脂っこいものを摂り過ぎずないように、また適度な汗をかく運動や半身浴も良いですね♪

「脾」の働きを助けてくれるので、<黄色(乳白色)のもの><甘味のあるもの>の食材がおすすめ。
じゃがいも・サツマイモ・かぼちゃ等の芋類や米・大豆・トウモロコシ
キャベツ・インゲン豆・枝豆・あさり・ハト麦・緑豆など
甘味は食べ物そのものの甘味で。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
★簡単★ミニレシピ
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
―胃の働きを高め、余分な水分を出す薬膳ー
  
<枝豆とアサリのあん煮>
<材料> 2人分
・枝豆(さや付き)・・・120g 
・アサリの水煮・・・60g(身のみ) ・セロリ・・・1/3本分
・しょうゆ…小さじ1.5 ・片栗粉…適量 (倍量の水で溶く)
A:・アサリの缶汁…大さじ2 ・水…180ml ・酒…大さじ1 

<作り方>
1.枝豆は茹でて実を取り出す。セロリは斜め薄切りにする。
 アサリは身と汁を分ける。
2.鍋にAを入れて中火弱の火にかけ、ふつふつしたら、1の具材を入れひと煮立させ、しょうゆ、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

<効能>
*セロリ・三つ葉・パクチーなど、香りの強い野菜は気を巡らし、組み合わせるとさらに効能がupします。

Jiku通信では、月に1〜2回程度を目安に、以下のような内容を皆さまにお届けしています。
◉知ると楽しい♪季節ごとの薬膳の知識
◉季節のお悩み別☆薬膳で食養生法
◉過去のお料理教室で人気のあったレシピをここだけで公開
◉おうちで簡単♪薬膳茶ミニレシピ
◉その他、料理教室のご案内や薬膳に関するいろいろな事

【Jiku通信】購読お申込み

薬膳を毎日にとりいれて 食から体調を整えてみませんか?
「季節ごとの薬膳の知識」や「おうちで簡単にできるミニレシピ」を配信中!