Jiku通信アーカイブ

【Jiku通信】2019年8月

※本文は2019年8月16日に配信した【Jiku通信】となります。

————————————————————————–
食を軸にカラダとココロにSmileを届ける♪
すまいる・キッチン・ジクのJiku通信
—————————————————————————

皆様、いかがお過ごしでしょうか(^^)

<おうちで役立つ おばんざい薬膳>を提案する
おばんざい薬膳料理研究家 倉 英子です。

暦の上では「立秋」を過ぎ、秋の始まりとなりますが
まだまだ夏の日差しが照り付け、暑い日が続いています。

クーラーや冷たい物で体も冷えがちになり夏バテの原因にも。

秋にスムーズに移行するには、体も秋のカラダに衣替え
夏でダメージを受けた心や体をケア・養生し、元気に秋を満喫したいですね!

ところで皆様、睡眠はしっかりとれていますか。

蒸し暑い夜が続いて、寝つけない、すぐ目が覚める、眠れなくてイライラ。

眠れない日が続くと、体に悪影響を及ぼすのでは………。と不安になったりしますね。

慢性的は睡眠不足が続くと身体のだるさ、日中に居眠りしてしまうなど、
日常生活に支障をきたします。このような状態を不眠ととらえます。

不眠にもタイプがあり、
心が興奮状態・緊張状態のタイプは気持ちを落ち着かせ、気分転換・リラックスが必要です。

気・血の不足も不眠につながります。
「疲れ果ててるのに眠れない」という状態です。
寝るためにもある程度の力が必要で、エネルギーを補う(補気)、脾と腎の機能を高めることも必要です。

気・血・水の異常や五臓(肝・心・脾・肺・腎)から自律神経のバランスが崩れ、精神的に不安な状態に。血を補い心を安定させることが必要です。

精神を安定・補気効果の食材でオススメは♪

鶏肉 ・豚肉・卵・小魚・レンコン・牡蠣・ほうれん草・小松菜・百合根・くるみ・牛乳・蜂蜜・カモミール・蓮の実(食薬)・金針菜(食薬)・菊花(食薬)・なつめ(食薬)・クコの実(食薬)・竜眼肉(食薬)など

不眠の養生は、食事時間や睡眠時間をできるだけ一定に決めて、生活のリズムを作る過度なストレス・疲労は溜め込まないよう気分転換を心がけ、寝れないことにできるだけ気持ちを置かず、「寝れるときに寝ればよい」と思うのもひとつです。

カモミールなどのハーブや牛乳を温めて飲むのも安眠を誘います。

また、この時期大切なのは最初にお話しした、冷えからの夏バテに注意です。

室内の冷房で身体が冷え、外に出たら蒸し暑い…
この寒暖の差が自律神経を乱すもとに。

暑い時期は体に熱が溜まりがちになるので、冷やしてくれる食材、ウリ系や旬の夏野菜をいただくのも必要ですが、夏こそ冷えの養生も大切です。

ニンニクは夏になりがちな血液がドロドロしやすくなるのを防ぎ、冷え対策にも欠かせないです。ニンニクと共に生姜もたっぷりとってくださいね。

中国では、夏に生姜を食べると、医者はいらないというほどです。
セロリと鶏肉に生姜のみじん切りを入れた炒め物は、体の余分な熱を冷まし、血の巡りを良くして温め効果もあるのでオススメです♪

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
★簡単★ミニレシピ
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

冷えと食欲不振・だるさの改善◆メニューです。

<ジャガイモと人参のスパイシーカレー炒め>
<材料> 4人分
・玉ねぎ(みじん切り)・・・・1個 
・ジャガイモ・・・・2個 
・人参・・・・1本  
・ニンニク・生姜(みじん切り)・・・各1片 
・カレー粉・・・小さじ2 
・塩・・・小さじ1 
・油・・・小さじ2

<作り方>
1.ジャガイモ・人参は食べやすい大きさに切り、耐熱皿に入れ、ラップをかけ
 て電子レンジで(600ワット)で5分程加熱する。
2.鍋に油を入れ、ニンニク・生姜を入れて火にかけ、香りが出たら玉ねぎを
 入れ、塩少々(分量が外)入れてしんなりするまで炒める。
3.2にジャガイモ・人参を加え、カレー粉・塩小さじ1を入れて
 軽く混ぜ合わせ、全体に色がついてきたら火を止めて、器に盛る。

<効能>
*気を補うジャガイモと血を補う人参との組み合わせ。
*玉ねぎは気の巡らし効果。
*カレー粉には温め効果のターメリック。
*ニンニク・生姜で冷え予防。

お盆を過ぎれば暑さの中にも秋の気配がやってきます。

しっかりと睡眠をとり、体を冷やさないようにして、残暑を乗り切りましょう

Jiku通信では、月に1〜2回程度を目安に、以下のような内容を皆さまにお届けしています。
◉知ると楽しい♪季節ごとの薬膳の知識
◉季節のお悩み別☆薬膳で食養生法
◉過去のお料理教室で人気のあったレシピをここだけで公開
◉おうちで簡単♪薬膳茶ミニレシピ
◉その他、料理教室のご案内や薬膳に関するいろいろな事

【Jiku通信】購読お申込み

薬膳を毎日にとりいれて 食から体調を整えてみませんか?
「季節ごとの薬膳の知識」や「おうちで簡単にできるミニレシピ」を配信中!