Jiku通信アーカイブ

【Jiku通信】2019年6月

※本文は2019年6月28日に配信した【Jiku通信】となります。

————————————————————————–
食を軸にカラダとココロにSmileを届ける♪
すまいる・キッチン・ジクのJiku通信
—————————————————————————

皆様、いかがお過ごしでしょうか☺

<おうちで役立つ おばんざい薬膳>を提案する
薬膳料理研究家 倉 英子です。

6月21日 ☀夏至を迎え、一年で最も日が長く、夜が短くなるころです。

夏の盛りに向け、日に日に暑さが増していきますが、梅雨の真っ只中に当たり、長が雨が続く時期です。

この頃には、どこの田んぼでも田植えが終わり、水みずしい稲が広がっているのが見れますね!

梅雨時期は、体にこもった熱や湿が、ニキビ・湿疹・アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを増加させます

湿気対策を心がげ、できるだけリラックスする時間を持ち、体に熱をためないよう心身ともに健やかに過ごしましょう。

この時期おすすめの旬の食材は、体の熱を冷まし、むくみの改善にも良い、オクラオクラのネバネバ成分には、整腸・健脾作用があります。

また、酢には防腐効果・食欲増進効果あり、酢飯やみょうが・新生姜の甘酢漬けやこれから旬を迎える鱧とキュウリの酢の物など、夏の健康管理におすすめです。

梅も沢山でまわってますね。
梅甘酢漬け(青梅 1㎏・氷砂糖 600g・塩100g・米酢 400㏄ 1月漬ける)はそのまま寿司酢にも使えて便利です! 

6月に入って、湿気が高くなると、胃腸の働きを担う「脾」の機能も低下しやすくなり食欲不振・胃もたれ・むくみの症状が現れます。

そんな時は、胃腸の働きを助ける南瓜・そら豆・大豆、気の巡りを良くして水分代謝を助ける紫蘇・生姜・フェンネル・陳皮など、「芳香化湿」と言って、良い香りで体の湿気を発散させる作用を持った食材を取り入れながら、体に湿気を溜めない食生活が大切です。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
★簡単★ミニレシピ
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

気を補ってカラダの水分の流れをよくし、むくみの改善◆メニューです。

<トウモロコシのスープ>
<材料> 2人分
・トウモロコシ・・・1本 
・トウモロコシのヒゲ・・・1本分 
・長ネギみじん切り・・・大さじ2
・ジャガイモ・・・1個 
・昆布だし・・・400㏄ 
・ごはん・・・大さじ1
・塩・・・適量 
・青シソ・・・2枚

<作り方>
1.トウモロコシは皮をむき、包丁で実をむく。ヒゲはフライパンで軽く   炒って、お茶の袋に入れておく。ジャガイモは皮をむいて、ザク切りにして、水にさらしてアク抜きしておく。昆布だしをとる。
2.鍋に長ネギのみじん切りを入れて炒め、トウモロコシ・ジャガイモを加えてさらに炒め、昆布だし、お茶袋に入れたヒゲも入れて煮る。
3.2にごはんを加え、軽く煮てから、粗熱を取って茶袋のヒゲは取ってからミキサーにかける。
4. 塩でお好みの味をつけ、器に盛る。

<効能>
*トウモロコシのヒゲは高い利尿作用がありむくみの改善にも。

Jiku通信では、月に1〜2回程度を目安に、以下のような内容を皆さまにお届けしています。
◉知ると楽しい♪季節ごとの薬膳の知識
◉季節のお悩み別☆薬膳で食養生法
◉過去のお料理教室で人気のあったレシピをここだけで公開
◉おうちで簡単♪薬膳茶ミニレシピ
◉その他、料理教室のご案内や薬膳に関するいろいろな事

【Jiku通信】購読お申込み

薬膳を毎日にとりいれて 食から体調を整えてみませんか?
「季節ごとの薬膳の知識」や「おうちで簡単にできるミニレシピ」を配信中!