Jiku通信アーカイブ

【Jiku通信】2019年1月

*寒い時期こそエネルギー補給が大切です  ☆ミニレシピ付☆

※本文は2019年1月28日に配信した【Jiku通信】となります。

————————————————————————–
食を軸にカラダとココロにSmileを届ける♪
すまいる・キッチン・ジクのJiku通信
—————————————————————————

インフルエンザが流行っていますね。
なんだか身体の調子がイマイチ…」というお声も聞きます。
皆さんは毎日元気に過ごされていますか?
今の時期は、冬の寒さで腎機能が弱りがち

カラダが「カラダを温めよう」と、
熱をつくろうとするので、
エネルギーをいつもよりたくさん使うため、
エネルギーが不足してくるときです。

しっかりと栄養をとり
エネルギー補給をしてくださいね(^^)

特に穀類・根菜類・山芋はスタミナを補います

食事のメニューに意識して取り入れてみてください。

あとは睡眠
しっかり朝まで眠れないときは、
できれば昼寝をしたりして
あと少しの寒い時期
カラダに無理をしないで過ごしてくださいね(^^)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
★簡単★ミニレシピ
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

◆カラダを温め(特に胃腸)腎機能upを助ける◆メニューです。

とっても簡単にできるので、ぜひ一度作ってみてくださいね♪
シンプルに塩味だけがおすすめ。

<かぶと干しエビのサッと炒め>
<材料> 2人分
・小カブ・・・2個
・カブの葉・・・1個分
・干しエビ・・・5g
・胡麻油 ・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/3

<作り方>
1.カブは皮つきのまま1㎝厚さの半月切りし、葉は5㎝長さに切る
2.フライパンで干しエビをから炒りし、香りが立ったら取りだす。
3.フライパンに胡麻油を入れ軽く温めカブを炒め、しんなりしてきたら葉を加える。干しエビを戻し、塩で味を整える。

<効能>
*温性食材(カブ・海老)の組合せで冷えの症状に良いです!

もっと手軽に冷え改善」という方は、

エネルギーを補う棗(なつめ)20個と水3カップを一緒に弱火で約50分程煮る。
赤ワイン1カップ・砂糖100gを加えて煮詰めると、
棗の赤ワイン甘露煮の出来上がり。

冷えと疲れを取ってくれます♪お湯を注いで飲んでいただくのも◎

食養生で毎日健やかに笑顔で過ごしましょう♪

Jiku通信では、月に1〜2回程度を目安に、以下のような内容を皆さまにお届けしています。
◉知ると楽しい♪季節ごとの薬膳の知識
◉季節のお悩み別☆薬膳で食養生法
◉過去のお料理教室で人気のあったレシピをここだけで公開
◉おうちで簡単♪薬膳茶ミニレシピ
◉その他、料理教室のご案内や薬膳に関するいろいろな事

【Jiku通信】購読お申込み

薬膳を毎日にとりいれて 食から体調を整えてみませんか?
「季節ごとの薬膳の知識」や「おうちで簡単にできるミニレシピ」を配信中!